脳内環境の異常が原因でなるうつ病|症状の特徴を知っておこう

事前に知ろう、うつの症状

メンタル不調の現れ方

ウーマン

うつ病の症状は、心身両面に現れます。心的には、抑うつ気分が長期間にわたって続きます。身体面では、睡眠障害や頭痛、肩こりなどが出てきます。これらの症状をうつ病に結びつけることは難しいので、早期に専門医を受診することが必要です。

自分をケアするために

椅子

光トポグラフィー検査ではうつ病を科学的に測定できますから、うつ病やその症状を治してくれる病院を選ぶ時の基準になります。そして、話しやすい医師へ掛かるのも大切なため、女性なら女医が居る病院を基準に探すこともポイントです。

人によって異なる状況

聴診器

うつ病の症状は大うつ病性障害と双極性障害の二つに分けられていて、精神的な苦痛を大きく生み出してしまいます。適切な休息の他に薬を使用した治療方法や精神的苦痛を生み出している原因を排除する事で回復できます。

ストレスが原因の病気

男の人

うつ病になると精神や身体に様々な症状があらわれます。これは早期発見により回復を早める事ができます。クリニックではカウンセリングのほかに抗うつ剤などを使って治療をします。抗うつ剤は症状がおさまってもしばらくは飲み続けることが大事です。

心の病と闘う

女の人
うつ病は通常の怪我などとは異なる心の病であり、その症状も多岐に渡ります。いつ回復するのか見通しをたてることも困難であるため、経済的な不安も大きいです。ただ、公的な制度を上手く活用するなどして、ゆっくり病気に向き合うことはできます。

こころと身体に現れる

看護師

脳内の環境を元に戻す

日常生活を送っていると失敗して落ち込むこともあります。正常であるとそこから回復することができますが、落ち込んだ状態が二週間以上継続するとうつ病を疑います。言葉では言い表せないような辛い気持ちが二週間以上継続して、日常生活に支障をきたす状態はうつ病の特徴的な症状のひとつです。これはうつ病の症状のうちのこころの症状と言えます。こころの症状としては抑うつ状態や不安や焦りが挙げられます。抑うつ状態とは何をしていても楽しくない、興味が沸かない状態を言います。また、こころだけでなく身体にもい片が起こることがあります。うつ病により起こる身体の不調のことを身体症状と言います。どのようなものがあるのかというと、睡眠障害や身体の痛みがあります。睡眠障害は寝つけないということや深い眠りにつけないといったもので、うつ病における代表的な身体症状です。また、身体の痛みについても多くの患者が経験しています。うつ病になると脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの分泌が減少すると考えられています。これらの神経伝達物質には身体が感じる痛みをコントロールすることにも関係しています。分泌が減少することで感じる痛みをコントロールすることができなくなっているので発生します。大事なことはこれらの症状をできるだけ正確に医師に伝えることです。ただ、患者自身が伝えにくい状況であれば周囲の人がサポートすることが大事です。患者に起きている症状に合わせて治療を行います。改善するためには脳内の神経伝達物質の分泌を正常化する必要があり、そのために抗うつ剤を服用します。ただ、服用することですぐに効果が現れるわけではなく時間をかけて治療していきます。継続して服用していくためには患者自身が抗うつ剤を受け入れることが大事です。つまり、患者自身が服用することで効果を感じることができるようにする必要があります。また、症状が改善しても、自己判断で薬をやめてしまうと症状がまた現れることもあるので医師の指示に従うことがポイントであると言えます。